飼い猫による損耗の引っ越ししたのちの修繕費:敷金返還・賃貸トラブル相談室

敷金返還交渉や賃貸トラブルには法律の知識やノウハウを知らないと多大な請求に驚く場合もあります。トラブル解決の方法、ノウハウや、コツについて解説します。

飼い猫による損耗の引っ越ししたのちの修繕費

今回の相談内容は「飼い猫による損耗の修繕」に関する内容です。

◆相談者より

私は10年余り月35000の借家に住んでました。
引っ越ししたのちの修繕費の事で相談です。

我が家は猫二匹がいて柱ふすまかれこれ爪研ぎでボロボロになりました。

もちろんこれは故意にした部類に入ると思うんですが 部屋の一ヶ所を猫がガリガリして傷つけた場合一ヶ所直したらチグハグなる為部屋ごと全部張り替えってなった場合いの金額がどの位まで払わんといけないのか? (新築じゃなく中古物件)

家主によると売って欲しいと2.3年前から買う人がいるらしく 自分に売って欲しいと言う話が出て5日位の話です 。

一ヶ月位待ってもらえませんか?と言ったら家主がそれじゃ遅いと言われました 。
(実際買う人はいないそうです)

早く出ていけと言われ修繕費もばく大になるかとハラハラしてます 。
もし法律で不当ならば戦いたいので教えください

   ~~  ここまで  ~~

>一ヶ所を猫がガリガリして傷つけた場合一ヶ所直したらチグハグなる為
>部屋ごと全部張り替えってなった場合いの金額がどの位まで払わんとい
>けないのか?


故意、過失による損耗のみを借主は負担すればいいです。
1ケ所ではチグハグ、すべて修繕しないといけないということはないです。
ただ、襖はいいとしても柱をガリガリしてるとなるとどのくらい修繕費がかかるかは個人的にリフォーム屋さんに確認してみてください。
(ケースによっては高額になる可能性もあります)

敷金では不足で、高額の修繕費が請求きてもなぜその費用が妥当なのかを家主にちゃんと質問して交渉のやりとりは証拠として残しておきましょう。

万一訴訟などになっても、証拠があれば裁判官、司法委員を納得させれば勝てる可能性が高くなります。

家主が家を売るからといって、早く退去してくれという論理は通用しません。
借主にも住む権利があるからです。
言われるがままに退去する必要はありません。(契約書の内容はよく確認しておいてください))

そのためもし家主都合で退去となると、代わりの物件を探す費用等、例えば

・引越し費用
・物件仲介手数料
・慰謝料なども

請求可能ですが、これも交渉次第です。うまく交渉してください。

内容に納得いかなければどんどん抗議しましょう。
うまく交渉して、譲歩を引き出してください。

今回はここまで。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
とうとう政権交代ですね。
民主党には国民が期待しています。

民主党のマニュフェストには子育て支援、年金問題など国民が多いに期待する政策が多くあります。ただ財源が本当にひねりだせるのか等多難です。

官僚の天下り、公共事業の見直しなど税金のムダ使いをなくし、それを財源にするということですが、官僚の抵抗が激しいというのは容易に想像できます。これからの民主党のふんばりどころで来年の参議院選挙も大勝にすることもできます。

民主党には大いに期待したいものです。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0