家賃の差額と火災報知機の設置について:敷金返還・賃貸トラブル相談室

敷金返還交渉や賃貸トラブルには法律の知識やノウハウを知らないと多大な請求に驚く場合もあります。トラブル解決の方法、ノウハウや、コツについて解説します。

家賃の差額と火災報知機の設置について

3月の終わり頃、アパートの他の部屋の家賃が値下がりした件で質問させていただいた者です。ようやく管理会社から連絡が来たので、家賃を下げてもらえると思ったら、契約は2年毎なので、次の契約(2年後)まではとりあえず今の家賃でお願いしますという返事。(2年後本当に下がるかどうかもよく分からない)火災報知機は、罰則規定がないので、今すぐに取り付け工事をするつもりはないとの事。

このまま黙っていいなりになるしかないのでしょうか?他の住人に話してみんなで戦った方がいいのでしょうか?もめ事に巻き込まれないうちに、引っ越した方がいいのでしょうか。本当に悩んでいます。管理会社は、大家の言い分を伝えているだけなので、どうしようもないという返答なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この場合、家主側の論理はとりあえず2年間は高い家賃をいただいておこうと考えてます。まずこの条件で借主がどう動くかを見ているわけですね。もし拒否されたら次は値下げ幅の圧縮、つまり8千円のところを4千円にしてほしいとか小出しで条件だしてくるわけです。

借主が引越しの費用負担と家賃値下げでのインカムをどう判断するか様子見ようとしてるのですが、ここは譲ったら依頼人の負けです。(2年後本当に下がる保証はない)

そこで「家賃が(8千円)値下げにならいのなら、他の住民にこの状況を明かして、みんなで値下げ要求する」と揺さぶってみてください。(この段階ではまだ他の住民には明かさないこと、この提案は切り札ですから)家主にしてみれば他の住民の家賃も全て下げる必要がでて大損する可能性もあります。それならば依頼人の分のみ値下げするば損を最小に抑えられるので依頼人の値下げ申請を飲む可能性が高いでしょう。

これでダメなら他の住人に話してみんなで値下げ要求しましょう。この値下げ交渉の結果については興味ありますので是非後日報告お願いいたします。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0