敷金返還交渉や賃貸トラブルには法律の知識やノウハウを知らないと多大な請求に驚く場合もあります。トラブル解決の方法、ノウハウや、コツについて解説します。

敷金返還交渉のコツについて伺います

わたし自身も来月引越しをする為、色々と勉強しているのですが、わからないことも多々ありまして。
ご相談に乗っていただけると幸いです。

7年間住んだ賃貸から引越しをします。今まで契約書など、あまり気にしていなかった自分が悪いのですが、消費者契約法や敷金返還に関するガイドラインなどについて少し勉強をしたあとに契約書を見直すと・・・。

あまりにも借主の事をを考えていない一方的な内容に気づきました。

自然消耗の場合でも、畳や襖・壁クロスなどの張替え費用が折半となっており(本来は減価償却分を考え現存価値の分だけでよいはずですよね)ハウスクリーニングも全て退去する時にしていく、とあります。ハウスクリーニングも水周り以外は貸主側の責任なはず(と教えられました)

もちろん契約書にサイン・押印しています。が、契約時も更新時も細かい説明などありませんでした。

この特約を全て無効にしたい、など勝手な考えはありませんが、やはり国交省のガイドラインに沿った内容を完全に逸脱した分は払えません。

不動産会社にもお世話になった部分もあり、こちらもケンカすることなく穏便に話し合いで済ませたいです。

7年も居住し三回も契約更新しています。何とか不動産屋と交渉するためには、どうしたらよいでしょうか?よろしくお願い致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

敷金は借主の故意、過失の損耗がなければ全額返還されるべきものです。しかしながら、昨今の賃貸物件の供給過剰から物件の競争も厳しく、原状回復費用に敷金をあてることを期待する家主が多いのが実態です。

敷金の交渉の流れは以下の通りですが、多くの場合借主が反論できる材料がない場合は高額の負担、法的手続きができない(嫌う)場合もしかりです。納得できずに法的手続きになっても一部の借主を除くと裁判官、司法委員の和解のすすめで不本意ながらも合意というパターンが多いでしょう。

 管理会社(家主側)からの精算書(案)
    ↓
 国交省のガイドラインに沿った反論
    ↓
 管理会社(家主側)の反論
    ↓
  (合意できない場合の証拠集め)
    ↓
   交渉不成立
    ↓
   法的手続き
    ↓
    和解

不動産会社(管理会社)も通常家主側に立って家主に歯向かうような行為は決してしません。いくら賃貸中にお世話になったとしても、借主のために働いてくれるとは期待しないほうがいいでしょう。(敷金を取り戻すには結局全面対決しかありません。)

基本は、国交省のガイドラインに沿った反論をくりかえし借主に有利な証拠を確保し相手の言うことを論破することです。法的手続きでも借主に必ず有利に働く保証はありません。そのために証拠を固めていくのです。(いきなり内容証明を送るということもないです)

あなたの場合、
・畳や襖・壁クロスなどの張替え費用
・ハウスクリーニング代

上記2つとも負担する必要はありません。

敷金交渉の場合解決に時間がかかる場合が多く、いろいろな管理会社の対応があるため、借主と数多くのやりとりをしてアドバイスするケースが多々あります。掲示板のような回答で簡単にすませられることは稀です。現在多くの依頼相談もかかえており、敷金交渉全体をこの掲示板から指示を出すことは難しいですので、真剣に取り返す気持ちがあるのでしたら他の依頼人と同じく以下よりお申し込み願います。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0