敷金返還交渉や賃貸トラブルには法律の知識やノウハウを知らないと多大な請求に驚く場合もあります。トラブル解決の方法、ノウハウや、コツについて解説します。

賃貸契約の特約では「原状回復費」は借主負担とありますが・・・

賃貸契約書の特約には「原状回復費」は借主負担となっています。襖や畳、クロスなどやはり全額負担しなければならないのでしょうか? 

今後引越しの予定ですが、結構大きな請求額がくるのではと不安です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

民法上「原状回復」とは借主が賃貸した物件に設置したもの(戸棚や靴箱等)を退去時に取り外すという意味になります。従って借主には契約した時の状態にまで戻す義務はないのです。

従って契約書にあるリフォーム費用は本来の意味の「原状回復費用」に含まれず、経年変化や自然損耗については、賃料によってカバーされているとみるべきであり、実際の裁判の判例でも特約の効力を限定的としています。

この場合でも借主の故意・過失による損耗を除いて、もし経年変化や自然損耗についてまでリフォーム費用として過剰に請求された場合、民法や裁判判例を引き合いにだして抗議するべきと考えます。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0