小額訴訟~法廷での審理:敷金返還・賃貸トラブル相談室

敷金返還交渉や賃貸トラブルには法律の知識やノウハウを知らないと多大な請求に驚く場合もあります。トラブル解決の方法、ノウハウや、コツについて解説します。

小額訴訟~法廷での審理

法廷には裁判官の他、民間から選ばれた調停役の司法委員と書記官が出席します。裁判所にもよりますが、東京簡易裁判所の場合にはラウンドテーブルを囲んで裁判官も背広という雰囲気の中で審理が進められます。

最初に裁判官が小額訴訟についての注意点を説明してくれます。その後、裁判官が争点整理をして、当事者の主張を聞いたり証拠調べをします。和解できるものには和解の勧告をします。和解できなければその日のうちに判決を下します。

小額訴訟の判決では、3年を限度に分割支払を認めたり、支払猶予を認めたりします。また、請求を認めた判決には、仮執行宣言が付されますので強制執行ができます。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0