敷金返還交渉や賃貸トラブルには法律の知識やノウハウを知らないと多大な請求に驚く場合もあります。トラブル解決の方法、ノウハウや、コツについて解説します。

国土交通省の原状回復の負担のガイドラインとは?

国土交通省は、原状回復の負担についてガイドラインを示しています。

このガイドラインは、退去時における原状回復をめぐるトラブルの未然防止のため、賃貸住宅標準契約書の考え方、裁判例及び取引の実務等を考慮のうえ、原状回復の費用負担のあり方について、妥当と考えられる一般的な基準をまとめたものです。

【ガイドライン例】
★貸主負担分
・破損していない畳の裏返しや表替え
・家具による床などのへこみ
・日照による畳やクロスの変色
・タバコのヤニ
・テレビや冷蔵庫後部の黒ずみ
・壁などの画びょう、ピンなどの穴
・専門業者による全体のハウスクリーニング
・台所、トイレの消毒
・浴槽、風呂釜の取り換え
・破損や紛失していないかぎの取り換え

★借主負担分
・設備機器の故障、使用不能
・カーペットに飲み物などをこぼしたことによるシミ、カビ
・冷蔵庫下のサビ跡
・引越し作業で生じたヒッカキキズ
・雨が吹き込んだことなどによるフローリングの色落ち
・台所の油よごれ
・結露を放置したことにより拡大したカビ、シミ
・壁などのくぎ穴、ねじ穴
・天井に直接つけた照明器具の跡
・飼育ペットによる柱などのキズ
・風呂、トイレ、洗面台の水あか、カビなど
・日常の不適切な手入れもしくは用途違反による設備の毀損

このように、具体例を示していますが、あくまでも一般的な基準であり法的拘束力はありません。 また、特約についても「必要性がありかつ客観的で合理的理由」があれば認められます。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0