敷金返還交渉や賃貸トラブルには法律の知識やノウハウを知らないと多大な請求に驚く場合もあります。トラブル解決の方法、ノウハウや、コツについて解説します。

「判例で特約は無効」に対する管理会社の回答は?(No.8)

前回の宿題は、原状回復の特約に関して管理会社に
「過去の裁判ではほとんど原状回復は特約は無効であるという判決が
でている」と回答、これで敷金返還は一件落着するでしょうか?

という問題でしたね。

さて皆さんの回答はいかがでした??

管理会社はこの借主判例でも結構研究してるなという目でみますが、決して
全額返金はしないです。(減額くらいはしますけどね。)

全額返金は絶対無いです。

皆さんの敷金は、家主は賃貸期間中の2~5年くらいでしょうかその間
にリフォームやら、修繕とかの運転資金でもう使っちゃってるんですね。

手元にはないんですよ。
ですから減額はするかもしれませんが、その額はできるだけ少なくというの
が本音です。

で、向こうは何と言ってくるか?

一番オーソドックスなのは

こんな感じです。

   ~~~   ここから  ~~~~

『家主側としては、重要事項説明・契約書特約にも記載し、原状回復費の負
担があることを入居時に理解頂いての契約ですので、畳・襖・清掃代程度は
ご負担頂きたいというのが率直な気持ちです。

(この契約時に入居者が特約の内容を理解していたかが重要な部分である
とも言われております。)

当然、訴訟等により司法に判断を委ねた場合、家主側にとって不利な判決
がでているのも確かです。

ただ、家主としても訴訟での決着は望んでいないので、借主様の納得のいく
範囲をご提示いただき、家主と交渉したいと考えております。

管理会社としては、敷引き○ヶ月のご負担にて解決できればと考えており
ますがいかがでしょうか。』

    ~~~   ここまで  ~~~~


管理会社では判例が話題として出た時点で、裁判も当然視野にはいってき
てます。

嫌だな・・・、めんどうになってきたと思っています。

それで、もう適当なところで終わらせようと考えるのですが、決して全額
返還にはしません。

あとは、条件つけておとしどころの交渉になるわけです。
裁判にしたくないので、このへんで折り合いつけようと条件だしてきます。

借主の皆さんがどれくらい戻れば満足かだけの問題なのです。

たいてい特約には敷引が設定されているはずです。リーフォーム負担
あるなしにかかわらず家賃の○ケ月分を差し引くという感じで特約に盛り
こまれているはずです。

敷引き1~2ケ月分なら早くおわらせたいのでOKという方もいるでしょう。

いや、納得できない全額取り戻したいという方は、
次はこの方法にすすんでください。

今回はここまで。

△敷金返還交渉で困っているという方、
 交渉に行き詰まっている方
 こちらの掲示板でも相談承ります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0