内容証明郵便の書き方:敷金返還・賃貸トラブル相談室

敷金返還交渉や賃貸トラブルには法律の知識やノウハウを知らないと多大な請求に驚く場合もあります。トラブル解決の方法、ノウハウや、コツについて解説します。

内容証明郵便の書き方

内容証明郵便の書き方について少し解説します。

1)用紙・字数・行数
内容証明郵便では用紙の大きさ、記載用具に制約はありません。
1枚につき、1行は20文字以内で26行以内、句読点、「」なども一字として数えます。

内容証明書用紙が文房具店で販売されています。
この内容証明郵便専用のマス目が印刷された用紙は、使用する上で大変使いやすいでしょう。
内容証明を書いたことがない方や慣れない方はこの市販品を使用した方が便利です。市販品はそのまま使用することができます。

複数の相手先に同一内容で内容証明郵便を出すことも可能です。この場合(これを同文内容証明郵便とよぶ)、2通目以降の内容証明料が半額となります。(この場合には完全同文内容証明郵便と不完全同文内容証明郵便の2種類あり)

内容証明を出した各郵便局ではその謄本の保存期間が決められており、5年です。
差出人は郵便の受領証を提出して謄本の証明をすることも可能です。
 

2)部数
内容証明の文章は、3通とも同じものを用意します。この場合はコピーでもかまいません。内容文書は1通を受取人に郵送、1通は郵便局にて保管、もう1通は差出人が保管することとします。

3)訂正の仕方
訂正・削除する文字の上に、文字が判読できるように二重線で消し、訂正・削除した箇所の上欄に、例えば「2字訂正」「3字削除」「1字加入」と書いて、押印します。

通常、内容証明郵便を扱っている郵便局は本局となり、小さな郵便局では扱っていません。

相手に内容証明郵便が配達された後に、その郵便が配達したことを証明するはがきが差出人送られてきます。この配達証明は内容証明を出すときに選択できますが、通常はこの配達証明付きで依頼することがほとんどでしょう。。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0