敷金返還交渉や賃貸トラブルには法律の知識やノウハウを知らないと多大な請求に驚く場合もあります。トラブル解決の方法、ノウハウや、コツについて解説します。

内容証明郵便とは

内容証明郵便とは、○年○月○日に誰から誰あてに、どのような内容の文書が差し出されたかを郵政事業庁が証明する制度です。それがいろいろな場合で法的な証拠になるというもので、多くの証拠を必要とするケースでさまざま使い方がなされています。

例をあげて説明してみましょう。文書の内容を証拠として残したい場合などに内容証明を利用します。
相手に対して何かを間違いなく伝えたいことがあるとして、それを証明しようとすると、どうしても文書として残すことが必要になってきますよね。


もし、コピーを残してある手紙を相手に手渡すと仮定して、その手紙がまちがいなく相手に渡ったかというと、簡単に証明することはできませんよね。

もちろん手紙をだすだけでは、その内容が伝わったかは誰にも証明する事ができません。この手紙が間違いなく相手に伝わったかどうかをどうすれば証明できるのでしょうか?そうして、その手紙が間違いなく相手に届いたことを第3者が証明してくれるが、内容証明郵便というものなのです。

ところが、この内容証明郵便とは大変大きなパワーを保持しています。
というのはその内容証明を受け取った者は、普通の手続きで配達された郵便とは考えられないくらいの強い圧力を受けるのです。心理的な感覚としてはおそらく内容証明で深手を負った感じでしょう。

その理由は内容証明を受け取った者が内容証明にあたかも国家機関から発行されたような錯覚さえも覚えてしまうことだと思います。
法論理的な文章に加え内容証明のもつ独特の書式がそのような錯覚を助長さすぇているのでしょう。

こうして内容証明が法律の紛争を上手に避けるとても有効な手段とされているのです。

もし法律に関するトラブルに巻き込まれ、不本意にも訴訟になった場合に大変有効な証拠になる方法だといえます。、


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0