床建具(窓、ふすま等)の損耗事例:敷金返還・賃貸トラブル相談室

敷金返還交渉や賃貸トラブルには法律の知識やノウハウを知らないと多大な請求に驚く場合もあります。トラブル解決の方法、ノウハウや、コツについて解説します。

床建具(窓、ふすま等)の損耗事例

今回の具体的損耗事例は床建具(窓、ふすま等)編についてお届けします。

1)窓ガラス

借主の不注意や過失が原因で窓ガラスにヒビがはいった、割れたなどの場合は当然借主の負担となります。しかし、地震で割れた場合は、自然災害による破損となりますので、借主に負担の責任はありません。
 
2)網入りガラス

網入りガラスのヒビ割れが発生するときがあります。これは構造的なも
ので金属とガラスの膨張率が異なることから自然に発生するケースもあ
ります。したがって借主の責任ではありません。

3)網戸の張替え

網戸が破損していなくても入居者が入れ替わる場合は張り替えることが
多いです。その場合は次の入居者を確保するための物件の価値を高める
維持、管理の問題ですので家主が負担するのが妥当です。

4)飼育していたペットがキズつけた柱やふすまの破損
 
猫などを室内で飼育しているとツメを研ぐために柱にキズをつけたりす
ることがあります。共同住宅では今だペットの飼育は一般的ではありませんが、これは飼い主の躾の問題でもあり、たとえ軽微なキズでも

借主の責任とみなされるケースが多いものです。

5)ふすまの日焼け、変色

退去時にたいていふすまや天袋の張替え費用は管理会社からよく請求
されますよね。

その場合借主の過失による損耗、破損は当然借主の負担となります。

ただし、日焼けや変色の場合は自然損耗ですので借主の負担にはなり
ません。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0